耳鳴りのつぼ治療

耳鳴りのつぼ治療

血流障害により、耳鳴りがする場合があります。血流障害の対策としては、マッサージやストレッチなどが手軽にできる対策になっていますが、興味がある人は耳鳴りのつぼを刺激してみてはいかがでしょうか。即効性があるとして有名な耳鳴りのつぼは、中渚(ちゅうしょ)です。

 

スポンサーリンク

場所は、手の甲の小指と薬指の付け根部の部分です。また血流をよくする耳鳴りのつぼとしては、聴宮(ちょうきゅう)、耳門(じもん)、角孫(かくそん)、完骨(かんこつ)などがあります。聴宮は、耳の前側にあって、口を開けた時に凹む部分です。耳門は、聴宮の2センチくらい上にあるつぼです。

 

角孫は、耳の付け根の、一番上の高さくらいにある、髪の毛の生え際のところです。完骨は、耳の後側の下の方にある、顎の骨との間部分です。すべて、耳の周りのつぼになっていますので、血流の効果を上げるためにも一度試してみることをお勧めします。つぼの位置に自信のない方は、整体師のところで押してもらってもいいのではないでしょうか。

 

いろいろなツボがありますね

また、ストレスが溜まっていると感じたときには、百会(ひゃくえ)、太けい(たいけい)などのつぼも効果的です。百会は、頭の頂点部分の耳と鼻の延長戦が交わる部分太けいは、足の内側のくるぶしとアキレス腱の間の部分です。ストレスを感じてない時でも、リラックスするために押してみることをお勧めします。

スポンサーリンク