冷え性などの低温症と耳鳴りの関係

冷え性などの低温症と耳鳴りの関係

めまいと耳鳴りが関係していることがあります。貧血からくる耳鳴りは、鉄欠乏症性貧血の症状の一つです。貧血の症状としては、寒気などの低温症・動悸・息切れ・めまい・耳鳴りなどです。鉄欠乏症性貧血の原因は、鉄分の不足です。

 

スポンサーリンク

また、骨髄の機能低下やビタミンの欠乏、内臓疾患による鉄分の不足が考えられます。単に、鉄分の不足の問題や低温症であれば、治療は容易ですが、骨髄や内臓の疾患の場合には、治療が必要なので専門の医療機関での検査をお勧めします。

 

鉄分の摂取には、一日当たり、15〜20グラムの摂取が必要だと言われています。しかし食事でいくら鉄分を取ったとしても、体内に吸収されるのはごくわずかですので、定期的な摂取が必要となります。また、鉄分の摂取には、炭酸飲料やコーヒーなどの飲み物はよくありませんので、あまり食事と一緒に飲むことはお勧めできません。

 

鉄分はビタミンを一緒にとりましょう

炭酸飲料は、胃袋の酸性をアルカリ性に変えてします働きがありますので、鉄分不足の時には、飲まない方がいいと思います。コーヒーや紅茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害しますので食事のときに飲むことは避けたいものです。ビタミン飲料などと一緒に取ると、鉄分を効果的に体内に取り込むことができます。効果的に、鉄分を取り、低温症を防ぐことを心がけましょう。

スポンサーリンク