低い耳鳴りの治療にラジオ体操

低い耳鳴りの治療にラジオ体操

低い音の耳鳴りの原因が解らずに悩んでいる人がいます。耳自体の病気ではなく、他の部位の病気から耳鳴りがする場合があります。たとえば、肩凝りや腰痛に悩んでいる人が、低い音の耳鳴りの症状を感じることがあります。

 

スポンサーリンク

肩凝りや腰痛を治療すれば治りますが、肩凝りや腰痛もなかなか治らない病気ですよね。そんな時に、ストレッチをすることが有効な時があります。原因不明の耳鳴りに悩んでいる人は、手軽にできる体操ですので自宅でストレッチをされることをお勧めします。

 

低い音の耳鳴りの原因には、体の緊張や日頃の運動不足の影響で、血液の流れが悪くなり起こる肩凝りや腰痛から来るものがあります。その血液の流れを少しでもよくしてやることで、肩凝りや腰痛・耳鳴りを改善することができます。ストレッチが苦手な人もいるかと思います。そのような方には、ラジオ体操をお勧めします。ラジオ体操は、よく考えられた体操です。準備運動・柔軟体操には、すぐれた効果を発揮します。だれでも小学校・中学校の時には、したことがあると思います。

 

ちょっとした習慣が大きな成果を生む

小学生の時の夏休みを思い出し、朝早起きしてラジオ体操で元気になることをお勧めします。決して難しいことではありませんが、毎日継続することが必要です。早起きすることで、健康にもなりますので、是非お試しください。

スポンサーリンク