耳鳴りと脳のいろいろな種類の病気

耳鳴りと脳のいろいろな種類の病気

脳腫瘍という病気があります。頭蓋内にできるがん細胞のことを言い、その種類は数百種類と言われています。症状としては、吐き気・頭痛・手足のシビレ・めまい・耳鳴りなどから始まり、言語障害・感覚障害などいろいろな種類の症状に繋がっていく怖い病気です。

 

スポンサーリンク

みなさんも一度は耳にしたことのある病気だと思いますが、手術しても、いろいろな種類の後遺障害が残る可能性が高い病気です。これらの初期症状が2週間以上続いた場合には危険信号です。早めに専門の医療機関の診断を受けましょう。耳鳴りは、脳に近いために、脳に異常があるとすぐに症状として現れてくる場合があります。

 

耳鳴りを甘くみない

単なる耳鳴りと勘違いせずに、あまりにも続くようであれば、やはり精密検査が必要です。脳腫瘍に限らず、脳梗塞・脳内出血などの種類の病気にも繋がってきますので注意が必要です。遅すぎると死に至ったり、手術しても後遺障害が残ったりして大変なことになります。半身不随や言語障害など様々な後遺障害になる可能性がありますので、勇気を出して、医療機関を受診しましょう。定期健診を受けているからと言っても安心できません。CTやMRを機会があれば、受診してみることをお勧めします。

 

まずは、人間ドックなどの精密検査から始めてみましょう。日頃からの管理が重要です。

スポンサーリンク