片耳だけの耳鳴りと顎の筋肉の関係

片耳だけの耳鳴りと、肩、首、顎の筋肉の関係

片方の耳だけ、キーン、ジーという音の耳鳴りをする人が増えてます。やっぱり最近ではパソコン業務主体のデスクワークをする人が多いです。いつも下を向いたまま同じ姿勢でキーボードを打ちますから、肩・首・顎などの凝りに悩んでいる人が多いと聞きました。この肩・首・顎の凝りが片方の耳の耳鳴りの原因になっていることもあります。なぜかというと、筋肉の血流の悪さが原因なのです。耳鳴りの他、めまい・頭痛なども引き起こします。

 

スポンサーリンク

即効性があったのは、このストレッチ!

肩・首・顎の凝りは、ストレッチをすることで随分解消されました。ゆっくりした運動ですが、気分もリフレッシュできますし、ストレスを減らす作用もあるので自立神経の乱れも良くなるかなと思います。

肩・首を前後左右に動かしたり廻したりすること

この方法で痛みや抵抗感があるようであれば、肩・首凝りです。その際、耳鳴りの音の変化があるようであれば、耳鳴りの原因は、肩・首の凝りだと考えることができます。また、片耳から耳鳴りがしている場合には、どちらかの肩に凝りがあると考えられます。片方の肩に、サロンパスを貼るなどしても効果があります。血流を改善するねらいがあるのですね。そうすることにより片耳からの耳鳴りは解消できると思います。

 

コメカミやホッペタを指で押さえてみると痛みがあるでしょうか?

痛みがあるようであれば、ズバリ、顎の筋肉が凝ってます。顎の下や耳の下の筋肉も同様の症状があれば、顎の凝りがあると思ってもらっていいと思います。この顎の凝りをマッサージしている時に、耳鳴りの音の変化があるようであれば、原因は顎の筋肉の凝りであるに違いありません。顎の筋肉の凝りは、マッサージをしてもいいですが、普段の食事の時に、よく噛むことでも解消できます。

 

口の中で、片方の歯だけで噛んだりしていませんか?
そうすると、片耳からに耳鳴りという現象になることもあります。最近は、堅い食べ物が減ってきていることもあり、あまり噛まないようになってきています。よく噛むことで、脳への刺激も増えますので、仕事中などにガムを噛むこともお勧めします。仕事に影響のない程度での話しですが。

 

このように、耳鳴りと血流は案外関係していることがわかりました。普段からストレッチをすることで、片方だけにおきる耳鳴りが小さくなる経験を感じとれたので、あなたにもおすすめです^^

スポンサーリンク