加齢によるピーという耳鳴り耳鳴り

加齢によるピーという耳鳴り耳鳴り

耳鳴りが病気だと思っている人も多いでしょうが病気ではない耳鳴りもあります。それは、加齢性難聴と言われるもので60歳過ぎあたりから起こるもので、耳自体の機能が低くなってことにより起こる耳鳴りです。70歳過ぎになると、次第に耳が遠くなってきて耳鳴り自体も聞こえなくなってきます。

 

スポンサーリンク

これは、ある程度仕方のない問題だと思います。補聴器とかもありますので、病院で相談して対応しましょう。これと、似たような症状で、若い時に騒音のうるさい職場で働いていた人に多いのですが退職後に、騒音がなくなったために耳鳴りが起こる症状があります。これは、職業病です。

 

耳鼻科に行き、相談しましょう。

似たような現象で、若い人に多いのですがヘッドホンとかで、音を大きくして音楽を聞いた後にヘッドホンを取ると、”ピー”という耳鳴りがすることがあります。これは、先ほど述べた耳鳴りとは違って、時間が経つと次第に、”ピー”という耳鳴りがなくなってきます。

 

この”ピー”という耳鳴りが、いつまでも続くようだと、耳に障害がある可能性がありますので、若い人でも病院に行って相談することを、お勧めします。他に、遺伝性の機能障害や飲酒・喫煙などの生活習慣が原因で耳鳴りが起こることもあります。放っておくと大変なことになりますので、早めの受診をお勧めします。

スポンサーリンク